賃貸契約についてとある外国人の意見

昨日私の同僚が引っ越しをしました。新しいアパートを探すには時間がかかったらしくて、賃貸契約読み合わせにそれ以上の時間がかかったそうです。

日本はとても手続きにうるさい国です。日本人の大家さんはつまらない、当たり前のことまでにすべてのことを契約にするのは一般的です。もちろん、契約が成立すればお互いその契約に守らています。一方で、私みたいな外国人はその手続になれるのはとてもむずかしいです。

賃貸契約で書かれた3つのおかしいと思いましたポイント

どんな不動産会社にでも契約のテンプレートがあります。しかし、前の事例を参考にして大家さんたちは自分なりに内容を改善していることもあります。その改善ポイントの中にはこれからおかしいと思いました点を3つ紹介します。

私は3つ以上のアパートに住んでいました。従って、3っつ以上の賃貸契約書を見たことがあります。それぞれのおかしいと思いましたポイントは以下の通りです。

毒蛇を拾ってアパートに持ち込まない

毒蛇ですか?それを聞いたときに日本は毒蛇が簡単に見つけられるものですかと聞きました。私は、田舎の森の中ではなく、都会で賃貸を探しました!しかも、毒蛇はNGでしたみたいですが、普通の蛇は契約書に載っていなくれ持ち込みは大丈夫でしたみたい。

ヤクザをアパートに招待しない

毒蛇禁止の次のギョウでした。日本人の皆さん驚くかもしれませんが、都会で入学して留学しに来た女性はヤクザどころか、犯罪と関わりたくありません。それはどこでも常識と思いましたが、とある日本のアパート以外世界中の常識でした。

ペットは禁止、人間はオッケー

賃貸契約のほとんどがペットを禁止しています。毒蛇も例外ではありません。それなのに、私の両親と友達が止めてあげてもよかったです。私的には面白い論理だと思いました、人間はペット以上に汚したりすることもあります。ネットで写真を公開する知らない国で暮らしている外国人たちの中にはペットを買う人が多いです。でも、日本のアパートはだめでした。結局ペットがいない代わりにいろんな人をアパート紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です