佐々木杏七博士

こんにちは、始めまして、アンナと申します。英語、ロシア語、日本語ができる。ブログへようこそ。

日本で暮らし、仕事をしている。現在、翻訳をパートタイムしながら、大学で教えている。専門は児童文学翻訳、通訳、国際文化とコミュニケーション。児童文学翻訳は趣味でもある為、理想の仕事をしていると言えます。仕事の内容は翻訳を教えたり、児童文学翻訳を含めて学生の翻訳を指導したりする。毎日がとても楽しい。

国際コミュニケーション研究科において博士課程を修了しました。2010年から通訳者として活動し、2015年から翻訳者としてパートタイムで働いています。今年自作の児童文学作品を作り始めました。

結婚し、子供がいる。主人は日本人で、子供がハーフ。二人とも可愛い。

出版物と翻訳

  1. Introduction to Cybersecurity Management、鎌田 敬介、英語訳

論文

1. Identifying the language skill of consecutive interpreters. Towards the development of recommendations on language choices in interpreters’ notesInternational Journal of Language, Translation and Intercultural Communication, 7, 33-44.

2. Translating Sounds: A Study into the Russian-Language Translations of Onomatopoeic Proper Names in the Twentieth-Century English-Language Children’s Literature. In: Dybiec-Gajer J., Oittinen R., Kodura M. (eds) Negotiating Translation and Transcreation of Children’s Literature. New Frontiers in Translation Studies. Springer, Singapore

3. Reconsidering the contents of interpreters’ notes: A human-centered approach to classification. Yearbook of the Poznan Linguistic Meeting, 6, 1, 1-25.

講演・口頭発表等

  1. Language as a mediator: A study into the decoding and encoding in consecutive interpretation, single presenter, 6thYoung Linguists’ Meeting in Poznan (YLMP 2018), Adam Mickiewicz University in Poznań, Poland, 23-25/11/2018.
  2. The means of translation of onomatopoeia proper names on the material of children’s literary fairy tales of the 20stcentury, single presenter, From Morals to the Macabre in Translation for Children, Pedagogical University of Cracow, Poland, 4, 5/4/2018
  3. ‘Where is the Real World?’ English Translations of Magical Food in Miyuki Miyabe’s Brave Story, single presenter, 2022 Annual Convention of the Northeast Modern Language Association, Baltimore Marriott Waterfront, 10-13/3/2022.

他のID