日本の大学院。考えるべき3つのこと

もし、誰かが事前にこのことを教えてくれていたら、逃げるチャンスがあったかもしれませんね。何様なんだろう。私はまだ、まさにこの落とし穴に落ちて、喜んでいることでしょう。

さて、あなたは外国人であり、日本での大学院留学を考えています。最終的な決断を下す前に知っておくべきことがいくつかあります。ここでは、私が検討することをお勧めする3つの項目を挙げてみます。

想像以上にお金がかかる

受験票の中にある受験料という項目、覚えていますか?基本的に、学校はあなたの願書を見るためにお金を払うように要求します。これはまだ序の口。

入学金や学部維持費など、合格したあともお金がかかります。さらに、大学のサークルや活動には、別途費用がかかるんだっけ?

日本での卒論は、日本と関係があること

これは非常に合理的なことですが、ほとんどの人は、指導教官から「自分が選んだテーマと修士・博士課程で学ぶ国との関連性を描け」と言われるまで、この小さなニュアンスを考えません。

例えば、私の大学では、日本語の学習も求められます。論文自体は英語で書かれるかもしれませんが、日本の大学院で過ごした時間を正当化するために、いくつかの日本語の概念をこじつける可能性が高いのです。

指導教員とのミスコミュニケーションの可能性

日本には生徒と教師の文化があり、あなたの国には生徒と教師の文化があります。そして、この2つは異なる文化なのです。

日本人の指導教官の言うことを誤解する可能性があることに注意し、論文執筆のあらゆる面において、遠慮なく明確にすることです。思いもよらないところで誤解が生じるかもしれませんので、日本の指導教官とは常に同じ立場でいることを心がけてください。

怖いと思うかもしれませんが、大丈夫

日本の大学院で最高の時間を過ごすためには、論文を書くことによって日本についての深い知識を得る機会を歓迎し、お金の価値を学び、新しいコミュニケーション方法を学ぶべきです。

日本の大学院から持ち帰る物心両面のお土産はすべて、あなたの将来に役立ち、あなたをより良い人間にしてくれることでしょう。正しい姿勢で臨めば、日本はあなたの個人的な成長とキャリアアップのための実りあるプラットフォームとなるはずです。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です