児童文学は大人の為である

子供と一緒に読むときの注意点

ニールセンブックリサーチレポートによると、2015年以降、児童文学の8割は大人が買っているそうです。

子供は、物語を読でもらったり聞いたりすることで、物語を楽しみ、経験テンプレートを学びます。また、ストーリーの展開に対する大人の反応を伺っています。

大人は様々な暗示や文化的な引用を理解する。間テクスト性の小さなヒントを理解でき、より経験豊かな読者である。様々な結末を予測し、期待通りの結末に満足したり、どんでん返しに驚いたりすることができます。

子供と一緒に読書をすることは、物語から新しいことを学ぶだけではありません。

それは、お互いに新しいことを学び合うことなのです。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。