コロナ、用語、翻訳

最近、新型コロナウイルスの突発的な発生により、日本では「クラスター」「オーバーシュート」「ロックダウン」といった新しい用語が使われるようになった。これらはすべて英語の疫学的背景から生まれたもので、日本人にはクラスター、オーバーシュート、ロックダウン、つまりいわゆるカタカナ語として提示された。しばらくして、カタカナ語のIT用語の特徴に言及した日本の防衛省から、カタカナ語の用語(クラスター、オーバーシュート、ロックダウン)を日本語に翻訳するために自然言語に翻訳するよう要請がありました。クラスターは「集団感染」、オーバーシュートは「感染爆発」、ロックダウンは「都市封鎖」となっています。ご覧のように、これらの用語は文字で書かれており、多くの日本人は、以前の外来語用のアルファベット(カタカナ)で書かれた用語よりも、これらの用語に馴染んでいるようです。

この要請の背景には、日本の防衛省の職員がカタカナ表記の英語用語を理解できないのではないかという懸念があった。実際、この要請を受けて、日本の報道機関の多くは日本語に近い用語に切り替え、私はカタカナ語を耳にする機会が少なくなった。

このニュースを聞いて、いてもたってもいられなくなり、コロナウイルスに関する日本語の用語を検索してみたところ、コロナ鍋(Coronavirus)という言葉を見つけました。コロナ鍋(Korona ka)という言葉を見つけ、この言葉をどう訳そうかとずっと考えていました。コロナ “の部分は非常にわかりやすい。一方、「鍋」(ka – evil)の部分は、この文脈で訳すのはちょっと難しい。この言葉は、日本のメディアでは広く使われているが、英語圏のメディアでは使われていない。

このように、さまざまな現象に対する各国のネーミングを観察することは、いつも興味深い。そのネーミングには、その現象に対する考え方が表れていると思う。英語圏のメディアが「コロナ・パンデミック」「コロナ・スレット」などの言葉を紹介し、誰もが巻き込まれることを訴えているように見えるとき、日本のメディアは言葉の最大の悪としてその本質を訴えているように見えるのである。

皆さん、くれぐれもお気をつけて。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です